つどいをつくる。白田工務店

つどいをつくる。白田工務店

TOP

白田工務店の家づくり

家のはなし

施工事例

イベント情報

新着情報

会社概要

お問い合わせ

電話でお問合せ メールでお問合せ

建方~上棟 寒河江市内の袋の家

2022年9月4日

Category : 内の袋の家

だいぶ時間が経っていますが、内の袋の家の建方の様子をご紹介します。

 

内の袋の家は耐雪1.5m、耐震等級3、Ua値0.36W/㎡・Kの高耐震・高断熱住宅。加えて約1.2mの高基礎で、大容量の床下収納となる予定です。

 

8月の去る土曜日、建方が行われました。

建方の前日までには土台敷きと1階床合板張りまで完了。高基礎ということもあり、通常の住宅よりも労力を要しておりました。

 

土台敷き完了時の様子。この後1階床合板も張られた。

 

建方は、建物の軸組を一気に組み上げていく工程。

これまで基礎しかなかった現場に、1日にして屋根まで組み上げられる様子は正に圧巻です。

 

一気に組み上げていくためにはやはり人手が多く必要。

当社の場合、建方には板金屋さん電気屋さん製材所さんなど、様々な協力会社さんが駆けつけてくれ、一緒に軸組を組み上げていきます。

他の工務店の大工さんの力もお借りし、今回の建方では総勢10名での作業となりました。

 

この日の建方作業員は総勢10名。一気に作業を進める。

 

1階の軸組。まず柱を立てていき、そこに梁・桁を掛けていく。

 

2階床梁架け終わり。この後、午後から途中大雨には降られたが、何とか作業継続。

 

小屋組み。基礎が高いため、近隣の住宅よりかなり高いことが分かる。

 

夕方近くになると、建物の全容がかなり見えてくる。

 

今回の建方では、屋根の野地板と破風・鼻隠しを張り終え、屋根の下葺き材(ルーフィング)を張り終えるまでが目標。

 

途中大雨で思うように進まなかったこともあり、終盤はまさに時間との戦いになってきました。

 

ルーフィングを張る板金屋さん。

 

板金屋さんには残業をさせてしまうことになってしまいましたが、何とか1日でルーフィングまで貼り終えていただくことができました。

 

今回の建方も、多くの協力会社の方々や施主様のご協力のおかげで、予定通り上棟まで辿り着くことができました。感謝の言葉しかありません。

引き続き完成に向けて、怪我なく工事が進むよう、安全第一で尽力していきたいと思います。

記事一覧にもどる

Recommends

Topics

リフォーム内の袋の家古民家建方断熱性能東原町の家気密性能積雪耐震性能高基礎