つどいをつくる。白田工務店

つどいをつくる。白田工務店

TOP

白田工務店の家づくり

家のはなし

施工事例

イベント情報

新着情報

会社概要

お問い合わせ

電話でお問合せ メールでお問合せ

朝日町モデルハウスの基本性能について⑤1.3m高基礎⑥床下エアコン等による全館空調

2023年1月8日

Category : モデルハウス

①耐雪2.0m ※積雪の単位荷重=30N/cm/㎡

②耐震等級3

③断熱性能 Ua値0.21W/㎡・K

※3地域における断熱等級6、HEAT20 G2、やまがた健康住宅基準レベルⅡ(☆☆)

④完成気密性能(目標値) C値0.5㎠/㎡ ※やまがた健康住宅基準

⑤1.3m高基礎(床下収納天井高1.4m)

⑥1階床下エアコン暖房・2階ホールエアコン冷房と室内循環ファンによる簡易な全館空調

⑦ダクトレス式全熱交換型第1種換気

⑧屋根一体型太陽光発電 申請出力5.0kW ※Nearly ZEH

 

⑤1.3m高基礎(床下収納天井高1.4m)

 

新潟県の住宅専門設計事務所・オーブルデザイン様が長年実践されている高基礎を、当社モデルハウスでも採用いたします。

 

基礎が高いことによるメリットは様々なものがあります。

・半永久的なシロアリ対策となること。

・給排水管の点検がいつでも誰でも気軽にできること。

・1階の床下を収納として使用することができること。

・床下の掃除ができるため、冬期に快適な床下エアコン暖房を採用しやすいこと。

などなど・・・

 

デメリットとしては、地上から1階に上がるまで約1.5mの段差があるため、階段が必要になること。

しかしそれを補って余りあるメリットがあると考えるため、ご予算が合えば採用をお勧めしたいところです。

 

⑥1階床下エアコン暖房・2階ホールエアコン冷房と室内循環ファンによる簡易な全館空調

 

床下エアコン暖房の足元からじんわり来る暖かさは、通常の高所壁掛けエアコンでは得られないものがあります。

 

⑤の高基礎と組み合わせることで、エアコンの暖気が清潔な床下を通ってくれるという安心感もあります。

 

冷房は2階ホールに設置する2台のエアコンでおこなうことを計画しています。

1台でも能力的には充分ですが、昨今のエアコンは故障が多いことが懸念点。

夏場の冷房期に1台しかない冷房用エアコンが故障すれば、最悪の場合命に関わる事態にもなりかねません。

バックアップを備えて安心して冷房が使用できるよう、2台の冷房用エアコンを設置します。

 

各個室に対しては室内循環ファンを設置することで簡易な全館空調を実現。

建具を閉めている時でも暖気・冷気を送り込み、快適に過ごせるようにします。

記事一覧にもどる

Recommends

Topics

イベントモデルハウスリフォーム内の袋の家古民家太陽光発電床下エアコン建方換気断熱性能東原町の家気密性能積雪耐震性能高基礎