つどいをつくる。白田工務店

つどいをつくる。白田工務店

TOP

白田工務店の家づくり

家のはなし

施工事例

イベント情報

新着情報

会社概要

お問い合わせ

電話でお問合せ メールでお問合せ

朝日町モデルハウスの基本性能について②耐震等級3

2023年1月6日

Category : モデルハウス

①耐雪2.0m ※積雪の単位荷重=30N/cm/㎡

②耐震等級3

③断熱性能 Ua値0.21W/㎡・K

※3地域における断熱等級6、HEAT20 G2、やまがた健康住宅基準レベルⅡ(☆☆)

④完成気密性能(目標値) C値0.5㎠/㎡ ※やまがた健康住宅基準

⑤1.3m高基礎(床下収納天井高1.4m)

⑥1階床下エアコン暖房・2階ホールエアコン冷房と室内循環ファンによる簡易な全館空調

⑦ダクトレス式全熱交換型第1種換気

⑧屋根一体型太陽光発電 申請出力5.0kW ※Nearly ZEH

 

②耐震等級3

 

耐震等級3として構造計算を行っております。

 

言わずもがな、日本は地震大国です。

 

熊本県益城町周辺において、熊本地震による2回連続の震度7を受けて、耐震等級3の認定を受けている木造住宅16棟のうち、大破・倒壊・崩壊したのは0棟。

16棟すべて、無補修か軽微な補修だけで住み続けられている。

この事実だけで、耐震等級3とする理由は充分です。

 

「山形県でそんなに大きい地震は起きないのでは?」

 

 

政府の地震調査委員会は、地震の発生確率を示す「全国地震動予測地図」をほぼ毎年発表しています。

直近2020年版によれば、山形県(山形市役所近辺)において「今後30年間で震度6弱以上の地震が発生する確率は4.2%」。

 

全国的に見ればたしかに、確率の低い部類になるのは間違いありません。

表の数字を信じれば、「北海道と長崎県の次に、大地震が起こる確率が低い県」です。

 

とはいえ、熊本地震発生直前に調査(発表は発生後)された2016年版では、熊本県での発生確率は7.6%でした。※2020年版では11%に変更。

 

 

「熊本の7.6%では大地震が起こって当然。山形の4.2%では起こるわけがない」

という確固たる自信があるのであれば、耐震性を重視する必要はないかもしれません。

 

政府の見解として確率3%以上を「確率が高い」と分類していることに鑑みれば、「山形だって熊本とそんなに変わらない確率で大地震が発生しうる」という考えに至るのがごく自然ではないでしょうか。

 

参照 津波への対策、想定外の地震①

記事一覧にもどる

Recommends

Topics

イベントモデルハウスリフォーム内の袋の家古民家太陽光発電床下エアコン建方換気断熱性能東原町の家気密性能積雪耐震性能高基礎